3 / 512345

3環境や場を整える-7他の子ども

友情や友達という言葉を覚える前から人間関係は始まっています。周囲の大人と違って周りの子どもは自分の言うことを聞いてくれない、自分に特別優しく接してくれない存在です […]

4一対一の対応の技術-1目的はどこにあるのか?

子どもと二人きりになった時に本当の対応能力が問われます。危険な目に遭わせず安全に、的確に指導して能力を伸ばし、出来ないところを手助けしてあげ、情緒的に満足させてあげてください […]

4一対一の対応の技術-2個人対個人

子どもと向かい合って会話を成立させることは重要です。言葉が出ない場合はジェスチャーや表情を読み取ったりお互いにコミュニケーションが取れることが重要です […]

4一対一の対応の技術-3互いの感情

人間同士ですので大人と子どもの間にも感情ももつれがあります。できるだけ冷静にいきたいですが、ついつい子供にきつくあたってしまうことも。フォローの仕方と自分の感情のコントロール方法を […]

4一対一の対応の技術-4怒っているふり

子どもを叱る時には怒っていなくても、微笑ましい失敗の時でも「怒っている」フリが出来なければなりません。裏表なく向き合うことも大事ですが、演技力が問われる場面も多いのです […]

4一対一の対応の技術-5世界の共有

相手の立場になって考える、という言葉は誤解されることが多いですが「自分だったらそんな失敗はしないのに」と非難するための言葉ではありません、逆なのです。 […]

4一対一の対応の技術-6飴は何?鞭は何?

飴と鞭という言葉もよく誤解されて使われています。アメになっていない、ムチの役割を果たしていない、使い所を間違えている、これでは正しい教育効果は望めません […]

4一対一の対応の技術-7本当にやりとりはできているのか

他にも様々な一対一で使える教育、指導のテクニックがあります。これらが使えるかどうかで子どもの能力の発達は随分と差がついてしまいます […]

5一対多の対応の技術-1二人以上の子ども

先生や保護者は常に一人の子供を見ていれば良いというわけではありません。ここでは多人数の人間が集まった時の基本を説明します […]

5一対多の対応の技術-2子ども同士の関係性

子供の横並びの人間関係の構築方法と注意点です。知能や体力は個性や月齢によっても有意な差が出ます […]

3 / 512345

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.