4 / 512345

5一対多の対応の技術-3場の設定の困難

集団に対した時のテクニックと基本設定の方法です。母親や先生の側の認識を変えることで埋められる溝が沢山あります […]

5一対多の対応の技術-4共同体

共通認識を構築できたら、子供か大人、片方からだけの視点ではなく、全体をひとつの共同体だと感じながら方向を探っていきましょう […]

5一対多の対応の技術-5悪平等を避ける

施設や家庭を大人や子どもも含めたひとつの共同体としてみた時、一番教育的に良くないこととなるのが悪平等です。そのデメリットと解決法を記します […]

5一対多の対応の技術-6全体を見渡す目を持つ

お母さんや先生は子供が複数いる時には、一人の子供だけに集中するのではなく全体を俯瞰する目を持ってなくてはいけません […]

5一対多の対応の技術-7集団と個人

子供の集団の中で大人が考えるべきこと、優先順位として気をつけていかなければならないことを記します […]

6多対多の対応の技術-1一つの集団として

大勢の子供を何人かの先生で受け持つ保育園や幼稚園の例に出してチームティーチングの技法を解説します […]

6多対多の対応の技術-2役割分担を決める

グループで指導に当たる上で怒り役や友達役を前もって決めておくことは重要です。その方針と対策について記します […]

6多対多の対応の技術-3誰も見ていない部分は無いか

子供一人には先生や保護者を含めて大勢の人間が関わっています。連絡を密にすることで情報の漏れをなくして役立つ支援を行うことが出来ます […]

6多対多の対応の技術-4子どもは相手を見る

大人側が決めた役割分担以上に子供は周囲の人間をより区別して細かい役割に分けています。その視点と分類について […]

6多対多の対応の技術-5初対面の人間

子供に対して周囲の大人が役割分担することは重要ですが、その取り決めと定着は難しい物です。ですが初対面の時は上手くいきやすく大きなチャンスです […]

4 / 512345

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.