5 / 512345

6多対多の対応の技術-6共通の目的を持つ

集団でチームティーチングを行う場合や家庭の保護者と連携をとる場合に、共通の目標がなければ上手く指導できません。その共通認識の構築の方法です […]

6多対多の対応の技術-7次にバトンをつなげる

一人の子供の周囲の人間は一生顔ぶれが変わらないわけではありません。普段から緊密に連携をとっておくことで子供に関する重要な情報が失われることを防ぎましょう […]

7対応→反応→対応の連鎖-1約束を守る

子供に約束を守ってもらうことは重要ですが、約束は双方が当事者の契約であって親や先生からの命令ではありません […]

7対応→反応→対応の連鎖-2子どもにとっての意味

大人からは見えにくい子供にとっての「大人の反応」の意味について解説しています。やりとりを重ねることでの成長の過程を追います […]

7対応→反応→対応の連鎖-3今は何が出来るのか

場面によって子供の反応も周囲の大人がとれる対応も変わってきます。きちんと流れを見て正しく指導が出来るように心がけましょう […]

7対応→反応→対応の連鎖-4その場しのぎ

毎回いつも子供にとって理想的な対応をとれるという保証はありません。その場を上手くきりぬける方法と後からのつじつまの合わせ方も知っておきましょう […]

7対応→反応→対応の連鎖-5反応をよく見る

子供が外界に対して反応している様子をつぶさに観察すれば、どのように接していったらいいのかのヒントがわかります […]

7対応→反応→対応の連鎖-6通じる言葉、通じない言葉

どんなに良い言葉を使って名演説をしても子供にとって理解が出来ない言葉を使っていたら全てが無駄になります。そうならないようきちんと言葉を選べるようにしましょう […]

7対応→反応→対応の連鎖-7無限に続くキャッチボール

大人が見ていないところでも子供が自分の力で成長を続けられるように下準備が必要です。そのチェックポイントとまとめの解説です […]

5 / 512345

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.